女性の抜け毛対策ナビ

女性の抜け毛対策ナビ > 出産 > 産後の抜け毛の原因

出産

産後の抜け毛の原因

出産後、ほとんどの女性が抜け毛に悩まされます。
これは女性ホルモンで乱れた髪の毛の成長サイクルが原因なので、
時間が経てば自然におさまるケースが多いです。

妊娠中、女性ホルモンは
普段の300倍以上もの量が分泌されているそうです。
その影響で、本来抜け落ちるはずの髪の毛が抜けなくなります。

出産後、大量に分泌されていた女性ホルモンは
妊娠前の状態、つまり普通の分泌量に戻ります。
すると妊娠中に抜けなかった髪の毛が一気に抜け落ちます。

急激なホルモンバランスの変化が、産後に抜け毛が増えたように思える原因です。

とはいえ「子供を産んだら髪の量が減った」と実感する人がいるのは事実。
これは出産後の生活習慣が影響しているかもしれません。

特に初めての育児では、今までに経験したことのないストレスが降りかかります。
すると視床下部がストレスに対抗して、女性ホルモンの分泌を遅らせてしまいます。
その結果、髪の毛の成長サイクルが妨げられてしまいます。

注意したいのは、出産直後のダイエット。
太った分を取り戻すために過激なダイエットをするのは危険です。

栄養失調状態になるとホルモンを分泌する視床下部の働きが悪くなり、
女性ホルモンの分泌量が低下します。
それによって抜け毛が増えたり、薄毛が進行してしまいます。