女性の抜け毛対策ナビ

女性の抜け毛対策ナビ > 脱毛症 > 脂漏性皮膚炎によるひこう性脱毛症

脱毛症

脂漏性皮膚炎によるひこう性脱毛症

抜け毛、薄毛は生活習慣や加齢だけが原因ではありません。
中には治療が必要な「脱毛症」もあります。

脂漏性皮膚炎という病気にかかると、
ひこう性脱毛症を起こして脱毛することがあります。
脂漏性皮膚炎は、抜け毛が増えたのがきっかけで
見つかることが多い病気です。

脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌量が多い部位が炎症を起こす病気。
皮膚にすむ菌の一種(真菌)が異常に増えると、皮膚が炎症を起こします。

すると頭皮のフケが急に増えて、毛穴に皮脂がつまりやすくなります。
それを放っておくと炎症が毛根にまで起きて、髪が抜けてしまうのです。

脂漏性皮膚炎、ひこう性脱毛症の原因

脂漏性皮膚炎が起きる原因は、日常生活にひそんでます。
刺激が強い食べ物(唐辛子、アルコール、甘みの強いお菓子など)の摂りすぎ、
睡眠不足、ストレス、洗顔・洗髪不足など。

「洗髪不足」は毎日シャンプーしてる人には関係ない話に聞こえますが、
これにはシャンプーやリンスのすすぎ残しも含まれてます。

脂漏性皮膚炎は処方薬と専用シャンプーでしっかり治療すれば、
フケがなくなると同時に脱毛もおさまります。
あまりかかる人がいない病気ですが、心当たりのある人は皮膚科へ行ってみましょう。